家族葬を火葬式で行う意味

現代社会には様々な価値観が存在しています。人それぞれ考え方が違う以上、お葬式を行う場合も色々な方式が生み出されています。その中でも特に今注目されているのが家族葬です。そこで、この家族葬と一般葬との違いを簡単に述べておきます。これを知ることは、いずれ来るであろうお葬式という出来事に戸惑うことなく、自分の理想とするお葬式を行うことの助けとなってきます。
まず一般的に行われるお葬式は、家族や親族以外にも故人が勤めていた会社の関係者や仕事上でお世話になった人、あるいは隣近所の人など一般の人々も参加するお葬式です。これは故人が生前様々な形で関係のあった人々との縁を第一に考えた方式です。

この一般的なお葬式に対して、近年多くなってきたのが家族葬という形式です。家族葬とは近親者や親戚、あるいはごく近しい友人のみで執り行われる小さなお葬式のことです。お葬式を事前に周囲の人々に知らせることなく、ごくわずかな近親者のみでひっそりと行います。それでは一般葬と較べてどのような違いがあるのでしょうか。
まず、お葬式に参列してもらう範囲が違ってきます。そして当然費用の点でも相違があります。一般葬では多くの人を呼ぶために、それだけの返礼品や食事を用意しなくてはならないのに対し、家族葬ではその分の負担が軽くなります。そして、なによりも家族葬の良い点は、一般葬のように大人数と接する必要がないため、故人との最後のひと時を意義のある濃密な時間にできるということでしょう。

さて、この家族葬にもまた様々な形があります。先ずは火葬式という方式です。これは通夜、お葬式、告別式など一般葬でされる儀式を行いません。そして火葬だけをするために別名直葬とも呼ばれています。これに対し一般的に行われている家族葬は、通夜と告別式を行います。つまり一般葬をより小さくした形式と考えればわかりやすいかもしれません。ですから、火葬式は家族葬とは言ってもよりシンプルに、そして遺族にとってかなり負担が軽減された形式と言えるでしょう。これはあまり大仰で形式的な儀式はしたくないという考え方の人や、改めてきちんとしたお葬式はするので、火葬だけを先に済ませておきたいとか、経済的に厳しい状況にあるのでなるべく負担にならない形にしたいという要望から生まれたものです。どんな形を選ぶかはそれぞれの事情により異なりますが、形式にあまりこだわりがなく、重要な要素だけを取り出してよりシンプルにした火葬式は、忙しい現代人にとっては多くの人に支持されているお葬式の形と言えるでしょう。

新着情報

2018年11月09日
  ホームページを更新しました。