家族葬を火葬式で行う場合、戒名などはどうなるのか

家族葬で火葬式をすると僧侶を呼ばないので、当然戒名もないことになります。それでは戒名は一体どうなるのでしょうか。つけた方が良いのか、つけなくても良いのか、一般にはなかなか分かりづらい部分です。そもそも素朴な疑問として、戒名とは一体何でしょうか。

戒名とは仏教の僧侶が故人に対して与える新しい名前のことで、亡くなって新たに仏の弟子になったということを証明したものなのです。ということは、故人が仏教の信者でないのならば戒名は必要ないのです。因みに神道、キリスト教それぞれにも亡くなった方には新しい名前が与えられます。

戒名の必要性は、お墓によっても変わってきます。つまり霊園などの無宗教のお墓なら戒名はいりませんが、お寺の経営しているお墓の場合は戒名が必要なこともあります。それでは、家族葬でしかも火葬式の場合で、どうしても戒名をつけたいときにはどうすればよいのでしょう。そんな時にはまず葬儀社に相談します。そこから火葬式に対して理解のあるお寺を紹介してもらい、そのお寺に戒名について相談するのが一番良い方法です。当然お金のかかる問題になってきますので、もし経費を節約したいのであれば、寺院側に正直に予算額などを提示してお願いすると良いでしょう。