家族葬を火葬式で行う場合の流れ

家族葬を火葬式でしようとする場合は、どのような進行をするのかきちんと把握しておくべきです。これまでも述べてきましたが、火葬式はお通夜やお葬式、告別式を行いません。その為に一般葬と較べて、あるいは家族葬と較べても全体の時間がとても短くなります。それでは故人が亡くなってから、どのような経過をたどるのでしょうか。

まず臨終が近くなったら、逝去に立ち会ってほしい人たちに連絡をします。次に葬儀社に連絡をして遺体を病院から移すために必要な車を手配します。その後、お葬式に参列してもらいたい人に連絡をします。そして医師から死亡診断書を受け取り移動の準備をします。

移動する際、葬儀社に死亡診断書を渡しておきます。次に故人をお葬式当日まで安置する場所を自宅にするのか葬儀社に用意してもらうのかを決めます。自宅に安置する場合にはベッドか布団を用意しなくてはいけません。

そしてお葬式の日程を決めますが、これは葬儀社と相談をします。これには菩提寺の都合、火葬場の空き具合、参列者の都合などを考慮します。納棺は自分たちですることもできます。故人の旅支度は白装束以外にも故人が気に入っていた洋服などを選んでも構いません。また、納棺士に依頼することもできます。火葬式が終わりましたら火葬し、その後収骨して解散となります。