家族葬を火葬式で行うメリットとデメリット

お葬式を家族葬で、しかも火葬式で行おうとしたときに、そのメリットとデメリットはきちんと知っておかなくてはいけません。まず先にデメリットですが、先祖が代々お世話になっている菩提寺がある場合、そのお寺が火葬式に対して理解があるかどうかです。理解がない場合は事前に話をして了解を得るといいでしょう。読経がないためにお寺側がそのことを嫌がる場合もありますが、現代のような価値観の多様化した時代にあっては、ほとんどのお寺は理解を示してくれます。その為にも菩提寺側には、なぜ火葬式で行うのかという事情をきちんと説明する必要があります。
次に、一般的なお葬式に較べて火葬式はとても簡単にすんでしまうために、お葬式をしたという実感があまりわかないという点があります。しかしこれもそれぞれの感覚の問題であって、心のこもった会であれば、それほど問題にすべきことでもないのかもしれません。

それでは家族葬を火葬式で行うことによるメリットは何でしょうか。まずお葬式の内容自体がとても簡単になるので、主催者側の負担が軽くなるという点です。一般的にはお通夜から告別式と2日間の儀式を行った後、火葬になります。ところが火葬式はお通夜も葬儀、告別式も行いませんので、それらの準備をする必要はなく、当然葬儀社側との打ち合わせなども簡単なものになります。お葬式当日は火葬場に集まってお別れの後に解散となりますから、時間的にも肉体的にも負担は相当軽減されます。

なお、会葬者もほとんど呼ばないのでそのことにかかる費用もありませんし、読経も行わないのでお布施も必要ないです。このように火葬式は費用の点においてもかなり負担がなくなるといえるでしょう。