家族葬を火葬式で行うときに僧侶に読経をお願いする場合

家族葬を火葬式ですると火葬のみの葬儀になるので、僧侶を呼んで読経してもらうことはありません。通常行われている火葬式なら、親族は火葬炉の前でそれぞれ故人を思い、心の中でお別れを済ませます。その為に僧侶を呼んで読経してもらう手間と費用が掛からないことになります。

しかし、中には少しでも良いから僧侶に読経をしてもらいたいと考える人もいます。そんな時には、僧侶を呼んで火葬炉の前で数分間だけお経を読んでもらいます。この場合、僧侶には直接火葬場に来てもらうことになります。また、火葬場に向かう前の安置所で僧侶に読経してもらうこともできます。

家族葬での火葬式ではもともと僧侶を呼ばないために、読経をしてほしい時には別に手配をしなければなりません。こんな場合には勿論、葬儀社に頼むのが便利で確実です。僧侶を頼むといっても誰でもいいというわけにはいかないからです。僧侶の中には火葬式を快く思っていない人もいます。誰でもしてくれるだろうと思って、誰でも良いからと自分勝手に頼んでも断られることがあります。葬儀社からであれば、そうしたことに理解のあるきちんとした僧侶を紹介してくれます。また、もう一つの方法としてはネット検索で探すという方法もありますが、これは相手がどんな僧侶なのか、値段がどの程度なのかわからないことも多いので注意が必要です。